ご予約

安全への取り組み

  • HOME
  • 安全への取り組み

運輸安全マネジメントヘの取り組みについて

株式会社シーライン東京では、船舶の運航(旅客不定期航路事業)にあたり、「安全管理規程」に基づき、「輸送の安全に関する基本的な方針」及び「安全に関する重点施策」を策定するとともに、社員への周知徹底を図り、お客さまの安全管理に万全を期し取組んでまいります。

シーライン東京 安全方針

【輸送の安全に関する基本的な方針】

社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対して輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底させるため「はとバスグループ経営方針の」第一項に「安全最優先」(すべての事業において安全を最優先します)を掲げ、職場に掲示するなど、全社員への周知を図るものとします。
輸送の安全に関する計画の策定、実行、確認及びこれに基づく改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直し、社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。

【安全に関する重点施策】

当社は、輸送の安全に関する基本的な方針に基づき、次に掲げる事項を実施しております。

  1. 安全優先の原則を徹底するため、次のとおり防災訓練の充実・強化を目指します。
    1. (1) 防災訓練の年間計画を策定し、進行管理を図るとともに、平成27年は特に、地震・津波被害の際の社員間の連絡網の構築に取り組みます。
    2. (2) 防災委員会を安全対策会議の下部組織に組み入れ、両組織の連携強化を図ります。
  2. 関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
    1. (1)特に本年は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた小型船舶の航行が頻繁になってくる可能性が高いため、安全管理規程第30条の港内事情について、小型船等と錯綜する区域について情報を収集し、その結果等を研修の中で情報提供していきます。
  3. 安全管理体制の組織的改善(Plan Do Check Act)を次のとおり進めます。
    1. (1) 日頃の防災訓練の中に内部監査委員の出席を求め、内部監査委員の事業内容の理解を深めることによりCheck機能の強化に努めます。
  4. 安全確保のための教育・訓練を次のとおり実施します。
    1. (1) 平成26年に作成された防災等マニュアルを集約し、これを基に社員防災マニュアルを作成します。
    2. (2) 社員に対しそのマニュアルを全員配布するとともに研修を実施して、一層の周知を図ります。
    3. (3) 社員の安全管理意識調査を継続実施し、安全確保に関する教育・訓練の理解度を定点観測を行うことで、これを防災事業に活かしていきます。
  5. 北海道でフェリーの火災事故が発生した。

    こうした事故に鑑み、シンフォニー各船においても火災発生の原因となるような箇所を総点検する。

■2016年2月29日 防災訓練

■2015年11月19日 テロ対策訓練

TOP